旅行・地域

2016年6月27日 (月)

お店紹介

人形町の仲間の矢藤さんが、二軒目のお店「水の尾」をオープンしました。

「花梨」の近所です、お近くにお越しのせつはお寄りください。
Photo
〒150-0043
渋谷区道玄坂1-17-10 第2宝ビル地下1F
静岡おでん 旬魚 「水の尾」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

奄美大島に行ってきました。(2)

 二日目の朝は生憎の雨だったが、次第に小降りとなり出発の頃にはあがった。午前中はマングローブパークでカヌーを楽しむ。

Img_8491 前回は一人乗りで気楽に操船できたが、今回は家内と二人乗り、櫓のこぎ方を教えながら右や左の蛇行運転で疲れました。午後からの演奏に差し支えそうだと、皆さん今から言い訳の口実に花が咲く。

 

Img_8501 午後2時からリハーサル、「ASIVI」のステージは広くPA機材も本格的。PA担当も3名ほどおり、しっかりと音作りをしてくれた。 肝心の演奏は練習不足で決め事を忘れており、本番が心配であった。

 

Img_8500 ライブのテーマは「茅奄・結縁ライブ」(ちえんけつえんライブ)  茅ヶ崎と奄美大島を縁で結びましょう…。これは泉さんが長年思い続けていた構想で、茅ヶ崎のお店も大島の魅力を伝えるアンテナショップだそうだ。

Img_8514 奄美FM(77.7Mhz)でも情報を流した事もあり、90名ほどのお客さんが来てくれて熱気ムンムンとなった。割と知られているJazzや島唄など20曲ほどを演奏、本番に強いメンバーの腕で皆さんに喜んでもらえた様だ。

 

Img_8509_3Pf.児島、道畑、Bs松崎、Ds田所、旭

Pt中村、Cl山下、Sx日下、Fl猿山

 

 Img_8511
 Img_8532

Vo泉、中根

 平らさん、重さん

 Img_8518
  友情出演Img_8535

 「商工水産ズ」 商工会議所メンバー  

 島唄・三線  前山真吾

 最後はお決まりの六調で盛り上がりました。毎年やって欲しいような有難いご意見もありましたが、ちょっと遠いですね。

 程よい疲れで翌朝までぐっすり眠れました。 

Img_8546 夜明けとともに魚市場まで散歩に出る、市場では競りで賑わっていた。

Img_8551

大きなイセエビが元気にうごめいていた。

朝食後近所のお店やスパーへお土産を買いに出かけ、帰りの準備も修了。

Img_8556 空港へ向かいながら途中で黒砂糖の生産工場を見学、暖かい黒砂糖を味わうのは始めてであったが美味かった。

試食したが、幾つか種類があり微妙に味が違っている。

Img_8558その後奄美パークを訪問、ここは昔空港があったところで、写真は管制塔の名残。

 奄美が初めての人達は田中一村の絵を鑑賞し、私はパークの中を写真を撮りながらぶらり。

Img_8573 3年振りの島であったがのんびりした人達と触合い、楽しい時間が過ごせた。

帰りの空に富士山がぽっかり、雲の上に浮いている様。

今回の写真は約160枚ほど撮っていた。

  明日は箱根湯本の富士やホテルでダンスバンドの演奏があるので、早く寝よう。

 おやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奄美大島に行ってきました。(1)

 「ゆらい処 よりより」の泉さんの故郷である奄美大島への旅行は今回で3度目。13年前バンド仲間と演奏旅行に行き、2年前にも訪れている。今回は名瀬市にあるライブハウス「ASIVI」で演奏するため、「よりより」でバンド演奏している幾つかのバンドで都合が取れたメンバーが参加した。総勢13名+4名+2名=19名の大所帯となった。

Img_8417 二時間半のフライトは順調で、先発で行った泉さんの迎えを受け島に上陸。気温は24,5度で丁度良い気候だ。

 始めに訪れたのは「あやまる岬」、記念に集合写真をパチリ。

Img_8420 珊瑚礁の海岸が綺麗な「土盛海岸」では、珊瑚や貝殻を拾った。前回は9月に訪れたので海の青さに感動したが、今は秋の気配でちょっと落ち着いた雰囲気。

Img_8438 ツアーコースで必ず寄るのが「大島紬村」、大島紬の生産工程は前回も聞いているが理解できないほど複雑。意図を染めるだけでも80数回の工程があり一年がかりだそうだ。その後の工程は複雑で説明しきれないので、ネットで調べてみて下さい。

Img_8468 大島始めの夜は島唄を聞かせる居酒屋で懇親会。島唄の説明が面白かったのでちょっと解説…。

島とはIlandではなく、所謂「俺の島を荒らすな…」の島で、集落の事だそうだ。

島唄は裏声(ファルセット)で歌う部分が多い、その理由は女性のキーに男性が合わせるかららしい。女性重視の現われとも…。

三味線も沖縄のものとは違うことや調律も違うなど、説明をしてくれたが酔いのため思い出せない。(涙)

 ライブの最後は六調に合わせて皆で踊り、多いに親睦が計れた。

                                          つづく











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

丸の内散策

 本郷へ仕事に行くときは東京駅で下車し、丸の内や皇居辺りを散策している。昨日は27℃と暑かったが、東京駅駅舎の写真を撮って歩いた。(約100枚)

Img_5619左側のドーム、大正時代の復元がほぼ完成している。

Img_5624工事用のプレハブが未だ残っているが、全容の姿を現す日も近いであろう。

Img_5628_4
駅舎正面

 

 偶然にも日枝神社の政に遭遇し、綺麗な行列を見ることが出来た。

Img_5631

Img_5644_2
東京駅前を侍の行列が…

丁度昼休みで近隣の勤め人が集まってきた。

Img_5645丸の内とは思えない風景

Img_5640

Img_5657
ビル街を練り歩く

右が新丸ビル

Img_5661祭りの喧騒が去った後に、東京駅がデーンと鎮座

Img_5663_2
街灯の並びを撮ってみた

 

 

 パソコンの調子が悪いので、写真のアップが上手く行かない。続きは明日にしよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

両国~押上散策(2)

 両国国技館を後に東京スカイツリーを目指して歩くと旧安田庭園があったが、ここは次回ゆっくりと見学することとし歩き続けた。

 ちょうど裏手に横網町公園があった。調べてみると大正12年9月1日の関東大震災時、公園造成中だったこの地に非難した人々が、運び込まれた家財道具に火が移り、多くの犠牲者を出したそうだ。本所地区は多くの犠牲者が出たところだ。

Img_5494遭難者の霊を供養する慰霊堂

Img_5499園内には火災で溶けた機械の塊や自動車のフレームなどが展示されている。

Img_5493公園の木々の間から東京スカイツリーの展望台が見えた。

 暫く歩くと春日通に出た。この辺りは本所、時代小説でよく舞台となる地名だが足を生みいれたのは初めて。遠くに見える東京スカイツリーを目印に歩けばいいので、道に迷う心配は無い。

Img_5501本所三丁目辺り

Img_5507横川一丁目辺り

ここからアンテナを望遠で捕らえてみた。

Img_5508_2展望台の上に当たる所

 

 

Img_5513_2
押上の近く

下町情緒が残る路地から見えた

Img_5515ユルキャラのおしなり君

このような休憩所が商店街に設けられている。

 

Img_5518
威風堂々とそそり立つスカイツリ-

Img_5523展望台床にアクリル板の床があり、下を望むことが出来る。この窓がそうだろう…!

Img_5517来週5月22日のオープンに向け準備が慌ただしいなか、タワーを見上げる多くの観光客の笑顔が印象に残った。

 

 時間があったので浅草まで足を伸ばすことにした。

Img_5530墨田公園にある牛島神社から見たツリー

Img_5536_2疲れた足を休めながら隣に座った方と、カメラの話になり、試しに望遠で展望台を撮影した。

その時は気付かなかったが、後からPCで見たらなんと中の人が見えるではないか…。

 Img_5538


墨田公園の上にそびえ立つツリー、どこから眺めても美しい。

今日は随分歩いた、今度は夜のライトアップの写真を撮りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両国~押上散策

 昨日は24度を越す夏日、夜人形町で練習があるのでちょっと早めに出かけ、両国から東京スカイツリーまで歩いてみた。

 両国に下車するのは始めて、散策の前に腹ごしらえをする。

Img_5482駅舎にある「大江戸八百八町 花の舞」に入ってみた。

かなり大きなお店で、奥に土俵が設えられている。団体客も多いようだが、注文してすぐ運ばれてきた。味も良くお値段も安い、外人客が多いのか店員の中には英語の達者な人も居る。

 お腹が膨れたところで、国技館に向かう。ちょうど大相撲夏場所が行われており、力士の入りを目の前で見ることが出来る。

Img_5477高見盛

Img_5478隆の山

両力士ともファンとして応援しているので、会えてラッキーであった。幕内への返り咲きを祈っている。

 Img_5486
幟の色が鮮やか

Img_5488_2遠くに東京スカイツリーが見える。

相撲観戦は又の機会にして、東京スカイツリーを目指していざ出発。

                                  ー続くー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

丸の内行幸通り

 仕事に行く途中東京駅で下車、改修中の東京駅を見た後丸の内行幸通りへ…。

P5100196s1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎、1945年(昭和20年)戦災によりドームと屋根・内装を消失。

今回の「保存・復原工事」で外観を創建時の姿に忠実に再現する、完成は今年10月の予定。

P5100202丸の内行幸通り

P5100203銀杏並木の新緑がまぶしく目に飛び込む。

東京駅の改修工事が終わる頃、この辺りは紅葉で美しく飾られる。

 11月頃写真を撮りに行こう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

湘南祭

 今日から大型連休が始まり、各地でイベントが行われている。天気もいいので今日は茅ヶ崎のサザンビーチで行われている湘南祭に行ってみた。昨年は東北大震災のため中止となった、2年振りの再開で会場は多くの人出があった。

Img_5198メインステージではフラダンス

Img_5191若いダンサーばかり

Img_5194MOPUAで演奏した曲が流れると嬉しい。

 

 

Img_5188今日の海は波が静かで、海の色がすごくきれいだった。

Img_5213

カヌーの教室も有り、ワンちゃんも嬉しそう。

 

Img_5187_2会場では多くの出店やバザーで賑わう

Img_5217

ビーチサッカーなど色々なゲームが行われ、子供たちの歓声で賑わっていた。

 久しぶりに紫外線を浴びたせいと往復1時間のサイクリングでぐったり、明日は野毛の大道芸を見に行く予定だが、体力が持つか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

上野の桜

 仕事に行く途中上野公園に寄ってみた。

Img_5156残念ながら桜は満開時期を過ぎ葉桜が目立つ。

でも、場所取りのシートが隙間無く敷かれていた。さぞ夜の宴会は賑やかな事だろう。

Img_5152
上野東照宮に遅咲きの桜が残っていた。

Img_5153
                            

 

 

Img_5158
忍ばすの池周辺はまだ桜が楽しめた。

Img_5161
懐メロを唄うおじさん、周りには聴き惚れる年配者が多かった。

 

Img_5162
戦後間もない頃の雑誌が売られていた。

よくまぁ保存されたいるのもだと感心する。

 

 歩くと汗ばむような陽気で、上野は散りだした桜を惜しむ人で賑わっていた。

 仕事を終え、人形町に顔を出したら超満員、久しぶりにお目にかかる人もいて楽しい夜をすごした。帰りは雨が降り出していた。夜桜見物も今夜が最後か・・・。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

入生田のしだれ桜

 小田原から箱根登山鉄道で3つめ、入生田はしだれ桜が有名、毎年健康のバロメーターとして訪れている。

Img_5124右は坂道が続く坂道、左は急な階段で登らなければならない。階段を登れるまでは左のルートをとることにしている。
Img_5100
階段は3箇所あり、最後のこの坂が一番長く130段ある。

昨年はこの坂がきつかったが、今年は途中までゆっくり登ったせいか、休まずに登れた。 まだまだ大丈夫かな!

Img_5103
今年のしだれ桜は気のせいか、短くダイナミック性が無かった。

でも、やはり大きく雄大だ。


Img_5106
高台で花見をしながらお弁当、平日なので人も少なくゆっくり出来た。

Img_5107
高台にある子供のしだれ桜の方が、若いせいか美しい。

世代交代なのか…。

 帰りは坂道の花々を眺めながら、ゆっくり下山。

Img_5127ひっそりと梅が残っていた。

Img_5129赤いしだれ桜

Img_5120_2何の花? 可愛い!

Img_5128_2菜の花

 

 

Img_5130箱根登山鉄道 入生田駅

Img_5097_3

駅の脇にもしだれ桜が。

 

 

 小田原に戻り、小田原城へ向かう…(例年のコースになっている)

Img_5131_2お城と桜はやはり似合う、

Img_5139_2

毎年恒例のルートだが、この日も結構歩いて足が痛くなる。いつまで通えるのかなぁ・・・。頑張ろう!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧